狭いウッドデッキの有効活用

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


不動の人気ウッドデッキ。

部屋が広く感じるし、お庭も近くなるし、もう一部屋出来たような感じもしますよね。


でも、ウッドデッキにテーブルと椅子を出してコーヒータイムにするには、狭いかも…。なんて事はありませんか。


折りたたみ出来る椅子やテーブルなら、片付ければ、邪魔にならないですが、それらをしまう場所の確保も必要。


そんな時は、ベンチの作りつけをオススメします。

ベンチだと、詰めるとたくさん座れる。

(子供なら尚更!)

ベンチだと、片付けが必要ない。

ベンチだと、椅子が倒れる心配もない。


ただ、子供がベンチの上に立つと危ないので、背もたれの手摺は高めにする方がいいです。


手摺の上にパーゴラ(ぶどう棚のように、格子で組んである棚)を作るのもオススメ。


ぶどうは育てなくても、夏はすだれをかけて、日陰を作ったり、秋に干し柿を干したり。


部屋の延長として、楽しく使えると思いますので、オススメですよ。



0コメント

  • 1000 / 1000