窓から見える景色

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


毎日部屋から富士山を眺められたら、いい気分でしょうね。


富士山とまではいかなくても、窓から見える景色が良い立地にお住まいの方は、なかなかいらっしゃらないと思います。


窓を開けたら、お隣の壁だったり、人通りの多い道路だったりするかもしれませんね。

でも、諦めないで下さい。


窓の位置を工夫すると、眺めの良い部分だけ切り取る事が出来ます。


例えば、天井付近につけた高い場所にある窓。

部屋の中から、見る角度によっては、どんな場所にも必ずある「空」が見えると思います。


また、床の上30cmくらいまでの高さの窓の場合は、建物のすぐ近くの地面しか見えません。庭部分に植栽したり、砂利を敷いたりすると、ステキな「庭」が眺められます。


この時に気をつけたいのが、準防火地域に認定されていると、窓にワイヤーの入ったガラスになってしまうという事です。

せっかくの景色がもったいないですね。


シャッターなどをつけられる窓であれば、ワイヤーは入りません。


最近のサッシは、枠のアルミ部分がどんどん薄くなってきているので、透明なガラスにできれば、窓の外との一体感が得られるようになっています。


窓から見える景色を、切り取り方によって調整して、ステキな住まいにしてみるのもいいですよ。




0コメント

  • 1000 / 1000