海老名市立図書館のワークショップ

こんにちは。住まいのおせっかい家です。

先週から、海老名市立図書館のコーチングワークショップに参加しています。


正直、とてもコーチングに関心があるというわけではなくて、相手の話の聞き方を勉強した方がいいのではと、日頃思っていたからなんです。

おせっかい家という名前からも、ご想像出来るとおり、お節介なんです。

だから、しゃべる方は、問題ないのですが、しゃべり過ぎてしまうんですね。


おせっかい家が、住まいの困った事を解決していくには、お客様の困った事が何か、聞き出す力が重要なのではと思っています。

言葉にできない想いを、一緒に言語化して、解決策を探っていく事が大切だと思います。


今日は、「効果的な質問」についてのワークでした。

日頃の自分の質問の仕方が、相手の気持ちに配慮がないものだったのではと、反省しきりです。

同じ事を質問しているのに、言い方を変えるだけで、受け止め方が全然違ってくるのだなぁと実感しました。

今まで、なんとなく分かっているつもりになっている事でも、体系的に学べることで、腑に落ちる事ってあるんですね。

とても、貴重な機会をいただけて、ありがたいです。


ひとり創業で、何から始めたらいいのか分からず、とりあえず図書館に行ってみようと思って、このワークショップを知りました。

以前は、海老名市に住んでいたので、古いときの海老名図書館はよく通っていたのです。

新しくなってからは、混雑しているようで足が遠のいていました。

ほんのちょっぴりの変化ですが、久しぶりに実際に行ってみることで、自分にも変化が起きています。


あと1回のワークです。

おせっかい家が、ただのお節介なおばちゃんにならないよう、しっかり吸収していきたいです。


次回はこちら




0コメント

  • 1000 / 1000