大変だねと共感する気持ち

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


ちょっと愚痴を聞いてもらいたいとき、共感してもらうと嬉しいですよね。


よく分からない内容でも、「大変なんだね」と、言ってもらえると、それだけで救われるような気がします。


とても上手に相手の話を聞いてくれる友人がいるのですが、心を込めて「大変だね。」と言ってくれるのが、嬉しいのだと発見しました。

相手の問題は、よく分からないし、何かしてあげられることもないので、そんな言葉掛けしかできないと、言っていました。

でも、受け手側は、共感してもらえたという気持ちになれます。


よくよく考えてみたら、これはコーチングにも繋がるような気がします。

一番最初に大切になる「承認」ですね。


「でも、それは我慢が足りないんじゃない」とか、「仕方がないよ、みんなそうだと思うよ」とアドバイスされても、なんか気持ちがスッキリしないのは、まず承認をされていないからなんですね。


「大変だね。」と言われたら、自分の気持ちを受け止めてもらえているように、感じられます。

共感してもらえると、それだけで安心出来ます。


共感する気持ちを、うまく伝えられるようになる事も大切ですね。

気持ちがあっても、伝わらないと意味がないですから。



0コメント

  • 1000 / 1000