子供の勉強シリーズのまとめ

こんにちは。すまいのおせっかい家です。


ここのところ、子供の勉強コーナーや、子供部屋の投稿が多かったのでまとめてみたいと思います。


過去の記事はこちら


子供が小学校に入学する前に、勉強する場所をどこにするのかと考える場合が多いと思います。

入学前からも、幼児教室などに通われているお子さんも、いらっしゃいますよね。

子供部屋を作るべきか、兄弟姉妹で共有がいいか、個室がいいのか。

または、リビングに勉強コーナーなどの方がいいのか。

悩めるポイントです。



小学校低学年の頃までは、親御さんが宿題や、学校の時間割など一緒にやる場合も多いと思います。

勉強は、ダイニングテーブルの上でが、一番便利ですね。

食事の前に片付けないといけないのですが、まだ使用する教材なども少ないと思います。

消しゴムのカスだけが、問題でしょうか。


寝るのは、まだまだ親御さんと一緒の場合がほとんどだと思います。

だんだん身体も大きくなってきて、寝具も別に必要になるかもしれませんね。



小学校高学年になると、辞書を使ったり、教科も増えてきますので、ダイニングテーブルで勉強するより、勉強コーナーがあると便利です。

リビングの一角に、学校で必要な物などが、まとめてあると子供も自分で管理しやすいですね。自分の部屋があっても、結局ランドセルは、リビングに置いてある場合が、多いようです。

個室がある子も増えてきますが、寝るのだけ別で、勉強はリビングでやる子供の方が多いようです。



中学生以上になると、学校の試験があるので、勉強に集中出来る場所が必要になります。勉強コーナーでは、家族もいるので気が散ってしまいますね。

勉強も、就寝も、個室が必要になってくる頃でしょう。



たった、六年間のうちに、色々と状況が変化します。

最初から、個室を作っておくのもいいかもしれませんが、リビングに簡単な勉強コーナーとランドセル置き場があると、小学生のうちは便利だと思います。

兄弟姉妹の年齢差によっては、長く使用する場所になるかもしれませんね。


通常の学習机だと、奥行きが60cm以上のものがほとんどなので、置き場所を確保するのが大変かもしれません。椅子部分も含めると、1.5mくらいの、奥行きが必要になります。


リビング用の勉強コーナーは、ダイニングの近くにすると、椅子を兼用出来るので、省スペースになります。勉強机も、50cmの奥行きのカウンターでも問題ないでしょう。

ただ、カウンターだけでは収納が不足するので、細々としたものを収納出来るように引き出し収納などがあると、片付けしやすいでしょう。


それぞれのご家庭の事情や、お子様の性格などによっても、違うと思います。

あくまでも、ご参考にしてみてくださいね。









プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000