自分の軸が大事

こんにちは。住まいのおせっかい家です。

結局、自分の軸が大事ですね。


最近、色々とご縁のある事が増えて、あっちこっちに手を出しています。

おせっかい家が迷走状態とも言われますよ。


創業当初は、高齢になってきて手すりをつける必要がある方におせっかいしたい想いが強かったのです。

誰でも転びたくないし、ましてや骨折して歩けなくなるなんてイヤですよね。
だから、その必要性をわかってもらいたいと思っていましたし、それだけで事業が成り立つとも思ってました。


でも、やってみたらおせっかい家が関わるのは、難しいことが分かりました。

介護保険を使ったリフォームでは、自己負担が1割で済む場合が多いのに、有料相談のおせっかい家にわざわざ相談しないんです。

もちろん、女性であることも、工事業者でないことも信用できるとは思えない方も多く、簡単には依頼されません。

だから、今は講座という形でおせっかいしてます。高齢になってきた親のことでの心構えや、介護保険の申請などをお伝えしています。


お片付けの仕事も少しはやっていますが、本業という感じではありません。
基本的に、そんなに片付けなくてもいいんじゃないかなと思ってしまうんです。

もちろん、リフォームに伴うお片付けや、片付けることで家が安全になったりするサポートなどは積極的にやってますが、引き出しの中までビシッと揃った状態にしたいとは思えないんです。

お片付けってやる気持ちにさえなれたら、技術的に難しいポイントはあんまりないです。

だから、なかなかやる気になれない人や、ひとりでは無理と思ってしまう人、家族の調整役としては、ぜひおせっかいしたい。

でも、モノをどんどん手放してオシャレな生活をしたいという、お片付けをしっかりやりたい方の対応は難しいことが分かりました。

家の中のプライベートな部分まで見えてしまうので、お片付けは気取らずにおせっかい家に頼みたいという人には、もちろん全力で対応しますよ。



そんな中、創業支援は気になっている業務です。

特に女性の創業支援って、男性目線で見られちゃうとだいぶ違う気がします。
子育てや家事もしながら、もしくは他にお仕事をしながら、自分の得意なことを社会に生かそうと創業している人が多いです。

PCが苦手な人も多いので、難しいことは抜きにして、自分で少しでも出来ることを増やしていって欲しいなぁと応援したくなります。


結局、困っている人におせっかいをしたいというのが自分の軸なのです。


おせっかい家のミッションは、
子ども達が笑顔で暮らせる家に

ズレてますか。
いや、お母さん達がイキイキとするのは、子ども達にとって一番大事なことなんです。

介護も収納も創業支援も、自分の軸からはズレてないんです。

プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000