丸いドアの使い心地

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


綾瀬市の保健福祉プラザのトイレのドアが、初体験でした。

丸いドアなのです。

公衆トイレは、たくさんトイレか並んでいるので、基本的に通路側ではなく、中側に開くドアが一般的ですよね。

引戸には出来ないので、ドアを開けて中に入ったら、自分がよけるスペースがないと、ドアが閉めにくいです。

荷物が多かったりすると、引っかかってしまったりしませんか。


このドアは、丸い形になった引戸のようなドアです。

中に入って自分がよける必要がないんです。

トイレの個室内スペースも広くとれるので、圧迫感もないです。


上部のレール部分でドアを吊っているので、開閉もスムーズ。

鍵を開けたら自然にゆっくりと開きます。


思わず、長居してしまいました。

0コメント

  • 1000 / 1000