きたろう畳という畳ではないもの

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


おせっかい家の「ショールーム兼打ち合わせスペース」にしようと思っている、和室の畳。


見た目は、普通の畳に見えますが、ござのようなモノと発泡スチロールの断熱を組み合わせた、畳ではないものです。

畳の縁が、取れるようになっているのが分かりますか?


きたろう畳というもので、20年くらい前から建売住宅や、アパートの和室などで使われていたものです。


もう、このメーカーはないので、張り替えは難しいようです。


今回は、テーブルなどを置いて打ち合わせスペースにも使用する為、畳はやめて、カーペットを敷き詰める予定です。


もともと、柱の上にもボードを貼ってクロスで仕上げた大壁の部屋なので、畳もどきを外すと、普通の洋室になります。


用途が変わった場合、床を張り替えるだけで簡単に洋室にできるように、工夫しておきました。


今回、厚みが12mmだと思っていたのですが、15mmあったのは誤算でした。


4mmのベニヤを下地にプラスして調整してもらう事に。


リフォームは、壊してみないと分からない事がありますね。

0コメント

  • 1000 / 1000