クローゼットのハンガーパイプの位置〜家全体のお片付けその2〜

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


家全体のお片付けをご依頼頂いているお客様。


前回は、お客様のご希望をしっかり聞いて、現状の確認。


そして、玄関収納のお片付けで、片付けの方法や考え方を、家族全員に分かってもらうようにしました。



今後どのようにお片付けを進めて行くのか、片付ける場所に番号を振って、イメージ出来るようにプランも提出。


お片付けの一番の希望である、「子ども部屋の個室化」に向けて、どこから片付けるのか、分かりやすくなっています。



という事で、そのプラン通り、まずは子ども部屋のクローゼットから、始めます。

全部出して、子どもが使うモノ意外のモノを抜き出していきます。



クローゼットの引き出しの中の洋服は、お片付けの前に、お子さん達が整理したとの事で、しっかり適量に収まっていました。



ハンガーに、かかっている洋服を取る時に、何か違和感。

全部出してみたら、その正体が分かりました。


ハンガーパイプが、かなり奥についているのです。


クローゼットの上に「枕だな」と呼ばれる棚板があります。

クローゼットの奥行きは、押入れと同じ90cm。


だけど、その枕だなの奥行きが、クローゼットの奥行きの半分の45cmしかありません。


そして、その半分くらいのところにハンガーパイプがついているのです。



要するに、奥行き90cmのクローゼットのハンガーパイプが奥から22cmのところに着いているのです。


クローゼットの下側に、引き出し収納を置いているので、ハンガーの服を取るのに、かなり手を伸ばさないと、取れないような構造になっていました。


大人の洋服の場合、肩が当たってしまうくらい、奥にハンガーパイプがついているのです。



棚を確認してみたら、上からビス留めしてあるだけなので、DIYで対応できそうです。


ご主人に相談したら、電動ドライバーなど工具もあるとの事なので、早速付け変えてもらいました。


ハンガーパイプを10cmほど、手前に移動。


それだけで、下に引き出しが置いてあっても、取り出しやすくなりました。

今まで、ハンガーパイプが使い辛かった理由が分かった気がします。



ハンガーパイプの位置を、変えるだけで使いやすいクローゼットに、なりました。


今までは、普段使わない服が、掛けてあったのですが、これからは、学校の制服も掛けておけるスペースも出来て、お子さんも大満足。


家全体のお片付けシリーズ

プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000