子どもにとってのお片付け〜家全体のお片付けその3〜

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


家全体のお片付けを依頼して下さっているお客様。


クローゼットの片付けが、思いのほか簡単に済んでしまったので、子どものおもちゃコーナーの片付けに取り掛かりました。



今までは、姉妹で子ども部屋と勉強部屋と分けて使っていたのですが、それぞれの個室にします。


おもちゃも、基本的にはそれぞれの部屋に置くように変更します。



そのタイミングで、おもちゃもお片付け。


・まだまだ遊びたいモノ。

・時々遊びたくなるモノ。

・遊んでないから、知り合いにあげてもいいモノ。

・あまり遊んでないけど、誰か遊びに来たら使いたいモノ。

・使ってないけど、思い出だから、捨てられないモノ。


分類するのも、難しいですね。


ただ、勉強コーナーには置かないようにしないと、ごちゃごちゃになってしまいます。


どのくらいの分量が残るかによって、場所の確保も考えます。



大きなシルバニアファミリーのセットは、もう遊ばないから、誰かにあげていいと、決断もしてくれました。


親の方が、えーっと買った時の金額を考えて、ためらってしまいますね。



子どもの持ち物は、子どもに判断してもらうのが基本です。


それぞれにストーリーがありますから。



運動会で使った旗。

もう使わないけれど、大事な宝物とのこと。


でも、机の引き出しにしまっておく必要はないですね。


一番使いやすい場所には、よく使うモノをしまうのが基本ですから。


他の学校の思い出グッズと一緒に、ベットの下にしまいました。


玄関収納のお片付けを、家族全員でやってもらったので、「よく使うモノは、取り出しやすい位置にしまう」という意味も、効果も理解してくれています。



判断スピードもどんどん早くなって、あっという間にお片付け終了。


お部屋1つ分の片付けが、3時間半で、完成しました。


事前に、お客様がクローゼットの洋服を片付けたり、不要品の整理をしておいてくれたので、机も移動して、模様替えもすっかり完了。


最後は、今まで片付けが苦手だったお子さんが、あと少しだからと粘って片付けてました。

嬉しい変化です。



次回は、もう1つの子ども部屋作りです。


今まで、勉強部屋に使っていた部屋ではなく、納戸状態になっている部屋を片付けて、仕切って使うという難問です。


なぜ、そんな部屋の使い方になるのかというのは、またの機会に。


プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000