やりたい事を考えてみた

こんにちは。住まいのおせっかい家です。

この騒動が終わったら、やりたい事を考えてみました。



何より一番に思ったのは「スペインへ行くこと」


今、日本よりもっと厳しい外出自粛生活を送って、感染者も増えているスペイン。
今はどんなに時間とお金があっても、スペインに行く事は出来ません。

何がそんなに惹かれるのか、自分でも分かりませんが、スペインの空、街並み、食べ物、人、みんな恋しくて愛おしい。
思い出すだけで、幸せな気持ちになる。
どんなに先になろうと、必ずスペインへ行こうと決めています。


そして、今出来ない「友達と会うこと」

一緒にお酒飲んだり、色々話して大笑いしたい。
ただ一緒にいれるだけで、安心してほっとする気持ちになる。
会いたい人に会いに行けることってすごく貴重で大切なことなんですね。

何気なく会えてたときは気にしなかったけれど。

一緒に美味しい物を食べに行ったりするのが、大切な時間。



次に浮かんだのが、「お花見」

満開の桜が目の前に見えるのに、友達に見せてあげることも出来なかったです。
だから、リベンジのお花見は超豪華に生ビールサーバーも用意して最大にやりたい。
焼き鳥焼いて、パエリアも作って、友達も仕事関係もごっちゃごっちゃな宴会をしよう。

それからやっと「仕事のこと」が出てきました。

困っている人に、ちょっとおせっかい。
家にいる時間が長かった分、家の居心地を良くしたいというお客様の役に立ちたい。

これから、リフォーム工事なども、今までのようにすんなりとは、いかなくなります。
まだ安定して建築資材が手に入る状態になるのは、先になるでしょう。
高齢化が進んだ職人さんの手配をするのも大変になるかもしれません。

だから、慎重にでも効果的になるリフォーム工事を考えないといけないですね。

お片付けの方も、おせっかい出来ることをやっていきたい。
でも、これはオンライン対応も出来るようになるので、今から出来ることかな。


「あやせ朝活」や、これからもっとおせっかいしていきたい創業の事などは、人が集まってやる交流ですから今は難しいですね。


オンラインで出来る部分もあるとは思いますが、実際に会うからこそ出来る部分も大きいです。


Instagramのストーリーで、欲望をバトンしていく企画だったようですが、何をしたいのか考えるきっかけにもなりました。

ちょっと若い子たちのチームに無理やり入っちゃった感じは、かなりありますが。

自分のやりたい事がはっきり見えて、考えてる時は楽しかったです。

プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000