手すりは連続していないと、意味が半減

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


階段についている手すり。

どこで終わっていますか?


通常は、廊下までは伸びていません。


最後の1段で、終わっている場合が、ほとんどだと思います。


高齢になってきて、階段など段差があるところでヒヤッとすることが増えたら、廊下部分まで手すりを伸ばす事を考えてみてください。


特に、登りきった2階の部分は、可能であれば、手すりを延長するのを、おすすめします。


階段を下りる時には、段差が始まる前から手すりを掴んでいるので、最初の一歩が安定します。


階段を上る時には、最後の1段を上る時にも、腕を伸ばして、身体を引き上げるように、手すりを使う事が出来ます。



その時は、ぜひ手すりが切れ目なく連続するように施工してもらってください。


角度が自在になる、ジョイント金具を使えば、ななめの階段の手すりと、水平方向にまっすぐな廊下の手すりを、連続した状態に繋げることが、出来ます。


ジョイント金具を取付けるために、大工さんに、手すりの端についているエンドキャップを、外してもらいました。


これで、連続した手すりになります。

プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000