賃貸物件のメンテナンスで節約してはいけない部分

こんにちは。住まいのおせっかい家です。


雨の中、おせっかい家に賃貸物件の管理について、ご相談に来ていただきました。


不動産屋での勤務経験もあり、管理物件のメンテナンスで、現場確認などもしていたので、住まいだけでなく賃貸物件のご相談も承ります。



自分の住まいと違って、誰が住むか分からない賃貸物件。

 

手をかけた方がいい場所と、あまりかけすぎない方がいい場所があります。


建物を維持するのに、重要な部分は、今後の資産価値のためにも、お金や手間をかけることを、おすすめします。


DIYで出来る部分と、プロに任せた方がいい部分の、見分け方を、おせっかい家のショールームを例にして、説明しました。


おせっかい家のショールームの場合、プロに頼んだのは

・和室の畳をカーペットに変更する工事

・トイレの取り替え工事

・トイレの手洗い設置工事

・クロスとクッションフロアの内装工事

・玄関の段差解消用の造作工事

・玄関前の階段の手すり設置工事

・壁埋込ポストの設置工事 


DIYした部分は

・スペインタイルの設置

・壁の漆喰塗り

・階段の床用シート貼り

・手すりの塗装

・塀のペンキ塗り

・庭の木材のペンキ塗り

・外水道周囲のモルタル塗り



建物の構造に関係する部分、危険性があったり、機能に直接関係する部分は、プロに頼みました。


デザイン的な部分は、自分で時間をかけて悩みながら、DIYしました。



賃貸物件でも、プロに頼んだ方がいい事と、時間や手間を惜しまないなら、自分でやるのも、おすすめな部分があります。


今回、賃貸物件のメンテナンスの話になり、鉄骨の階段部分でも、「自分で届きそうなところは、DIYした方がいいですよね。」と言われ、おせっかい家の返事は「No」でした。


一見、工事代金の節約になりそうですが、他の手が届かない部分は、プロに依頼するつもりとの事なので、「意味がない」と、はっきりお伝えしました。


プロに依頼する部分は、下手に手を出さない方がいいのです。

しかも、建物の構造に関わる部分なので、節約しようと安易に手を出すのは、逆効果です。


特に外部の塗装工事などは、下地の調整なども重要な作業です。

塗装の劣化にも繋がる部分ですから、キチンとプロに依頼した方が良いのです。


プロの職人さんの経験や知識、道具を使ってする技術は、素人が簡単に出来るようになるものでは、ありません。


だからこそ、人件費が一番高いのです。



工事代金を節約しようとして、一番削ってはいけないところを、削らないように気をつけないといけないですね。





プロフィール

住まいのおせっかい家(すまいのおせっかいや) 代表 大野恵(おおの めぐみ)

 女性が一番長い時間を過ごす”住まい”について、同じ女性の立場から、おせっかいがしたいと思い、「住まいのおせっかい家」を神奈川県綾瀬市で2019年1月創業。

建築・不動産業界で20年以上働いて、本当にお客様の立場に立った中立なアドバイスの必要性を感じて、あえて「おせっかい」をします。


【保有資格】

二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級、ファイナンシャルプランナー3級


サービス内容

【一般コンサルティング】

オンラインはじめて相談 20分 ¥1,000(税込)初回のみ利用可

Zoom、LINEを使った住まいに関するご相談。

資料提示はありません。


オンライン頑張らないお片付け相談 60分 ¥10,000(税込)

Zoom、LINEを使ったお片付けのご相談。

事前に写真や図面資料を頂き、お住まいの状況を確認してアドバイス。

お客様にあった片付けの順番やコツなどを資料提示します。

https://osekkaiya.com/okataduke-online/


【ココナラ講座】

家族を家事に参加させるとっておきのコツ伝授します

我が家にも使える?介護リフォームのコツ教えます

超初心者限定♪スペイン語で楽しくおしゃべりします

叱られたい大人へお説教します


【ストアカ講座】

我が家にも使える?リフォームの為の介護保険講座 


【おせっかい講座】

●介護保険の住宅改修

●お片付け

●女性活躍推進

講座料金は個別にご相談に応じます


【工務店さん向けサービス】

建築雑務の長年の経験から、お客様のご要望に合わせてご相談に応じます


0コメント

  • 1000 / 1000